ヤンセン兄弟の最後!

将来もうスコールストラート6においての外国の訪問者はないでしょう・・・。ピパは直接アレントンクからコロニー全体を競売にかけます!

私たちがアレントンクを最後に訪問したのはおよそ5ヶ月前です。アレントンクはアントワープケンペン地域の小さい町です、しかしそれは国際的な鳩レースの世界では有名です。 今までにベルギーに来たことがあるどんな尊敬されている愛好家でも確実にアレントンクへの訪問をしました。最も多くの注目を集め独占したのはヤンセン兄弟でした。彼らの作出した鳩は世界中で有名です。100年以上前に?これはタイピングエラー?ではありません。「ドリースケ」は1884年に鳩レースを始めました・・・。

1886年に彼は他の村人が同じ様に愛鳩家で有ることを確認するためにアレントンクの鳩協会を設立しました。当日に確実に速く帰還する鳩を必要としました。愛鳩家が彼ら自身の時計を持っていなかったとき、鳩は記録のために可能な限り速く地元のクラブに運ばれなければなりませんでした。最も良いレースマンの1人が製粉業者のフィク・ファン・ヤン・ピエンテスでした。1914年~1918年はクプ&グスト・ペーテルスが運営しました、午後0時から午後10時までの飛行は許可されていましたがレースは開催されませんでした。愛鳩家達は鳩用の飼料は乾燥され細断されたドングリに頼らなければなりませんでした。ドイツ軍は毎月の管理評議会を設置し死亡・失踪鳩を報告するよう義務付けました。父ヤンセンは1947年まで愛鳩家でいました。一方、息子たちが彼の活動のいくつかを引き継いでいました。第二次世界大戦は同様に困難な時代であった。鳩には穀物を供給する必要が有りました。しかしヤンセンは豚に与える穀物では無く最高の飼料を与えました。つらい時代にも関わらず50羽の鳩は戦争を生き延びました。

 

1933年に開始し、1945年~1954年に黄金時代を迎え1位154回を獲得しました。彼らの成功の要因は(戦時において十分に世話をされた)非常に健康な鳩と一緒にスタートすることができたという事実と、異種交配が彼らの鳩を更に良くしました。鳩にこれといった特別な飼料あるいは飲み物は与えられませんでした。直ぐにヤンセンの鳩は世界中で有名になりました。それらの子孫はベルギーを越えて遠くに必要とされました、そしてオランダ、フランス、ドイツ、イギリス、デンマーク、バンコク、日本、南アフリカに見ることが出来ます。最近の年、ルイス・ヤンセンロフトの「感銘を与える」ブリーディングピジョンに非常に大きい金額のオファーがもたらされました。けれども彼は決してそれらのいずれも売りませんでした。「すべてのブリーディングピジョンがここに留まるべきです」と彼は言ったものでした。そして誰も今までに彼の心を変えることができませんでした。しかし、ここ数ヶ月彼の健康が悪化しました。彼は家族の最後の残っている子孫です・・・。彼はもう少しで100歳です健康上の問題が避けられない年齢です。彼は今入院中で鳩の世話をすることができません。それから、ヤンセン兄弟の1人の子供がアドスカーラケンスによって書かれた「ドダイフ」新聞のレポートを読みました。スカーラケンスが時々(彼が直接ピパに言及した)ウェブサイトで行われた高い入札についてのコメントなどを見て子孫はピパへ連絡することを決めました。彼らは自宅にインターネット接続を持っていなかったので、入札のサイトを聞いたことがありませんでした。そこで彼らは近年ピパに提供されている膨大な金額を目撃できませんでした。電話がピパオフィスがあり我々は約束を作って数日後トーマス・ヘイセルブレヒトがアーレンドンクに向かいました。。その日の終わりに彼は24羽の成鳩と2羽の若鳩すべてを持ち帰りました。

「アレントンクのロフトにおいてすべての鳩を連れ去ることは奇妙な感覚でした・・・。」(トーマス・ヘイセルブレヒト)

先週末、トーマスは決して忘れないであろうゲントからアレントンクまでの旅行をしました。「私はほとんどアレントンクのスコールストラートに行ったことがありません。」「それで私は彼らのゲストで有ることを名誉に思いました、同様に少し奇妙に感じました:いつも家族の長として座る椅子にルイス・ヤンセンは座っていませんでした。すべての鳩を競売にかけることを依頼したのは家族自身でした。無駄にする時間はありませんでした。荷造りしてそして向かいました。おそらく何千人もの愛鳩家が訪れたであろうこのロフトから、私は最後の最高の鳩を連れ出す機会を得ました。ロフトから鳩が居なくなるのは百年以上以来初めての事でしょう。特別な感覚!」一方ですべてのハトが競売されるのを待っている秘密の場所にあります。ヤンセン兄弟によって築き上げられた鳩王朝全体がトーマス・ヘイセルブレヒトの訪問でアレントンクから姿を消します。鳩レースにおける象徴的な人々は様々な理由により消え去りました。ルイ・ヤンセンと兄弟はその象徴の中でも最も偉大な存在に値するでしょう・・・。

いくつかの話がスコールストラート6において広まっていました、最も顕著な物語はルイが少しも銀行が好きではなかったということでした。「それらはすべて泥棒です」と彼は言ったものでした。けっつかとして彼は数ヶ月間使用しなかったお金の全てを家に保管していました。それはまだアレントンクに居るかの様な状態でした。アントワープケンペンの中の「高等教育機関である」と同じようにすべてが正しいです。アレントンクは鳩レースでした、そして鳩レースはアレントンクでした。これは主としてルイ・ヤンセンと彼の仲間の結果でした。彼らは鳩愛鳩家のためにアレントンクとスコールストラートを聖地に変えました。人々がそれらの鳩の1つを手に入れるために何でも支払うでしょう。我々自身それを目撃しました。しかし、その後再びルイ·ヤンセンは自分のノートで無限待ちのリストを示した。ヤンセンは、常に彼の名声にもかかわらず、最小限に物事を維持したいとして最後の年に少数のカップルだけが彼のロフトを収容されました。彼らが望めば多くの鳩を飼育することが出来たかもしれませんが、ルイは決してそれを望みませんでした。彼のアイデアは常に同じであった:小さい、健康、良い、最高品質。「それは重要であるすべてです」と彼が最近言いました。そして彼は権利を有します。まもなく彼のコロニー全体は4月の半ばから後半にどこかで競売にかけられるでしょう。トーマス・ヘイセルブレヒトは非常に誇りに思っている: "私はおそらくアーレンドンクのロフトを歩いた最後の人だった。でも、私は複雑な気持ちを持っている:我々はこのユニークなコレクションを競売する機会を持っていることを誇りに思います。しかし、その一方でそれも少し悲しいです。ヤンセンはおそらく鳩レースにおいて唯一の真の象徴です。これが終わることは残念です! 」