レニー・ファンデルリンデン - パリク・ブラケル(ベルギー) - 2007・2008年KBDBナショナルチャンピオン青年の部優勝。

2007・2008年KBDBナショナルチャンピオン青年の部優勝2008年KBDBナショナルチャンピオン・スモールミドルディスタンス・オールド2位
2008年KBDBナショナルチャンピオン・スモールミドルディスタンス・ヤングスターズ12位
青年には未来があります。
ピジョンスポーツの世界では老人ばかりで若い人は本当に少数です。

私の心配は悲しい事にそれほど速く変革することができない事です、しかしこの変革が若い熱狂者をはぐくむために彼らを指導するためにそして必要であるとき言葉あるいは行為に関して手助けをするために重要なのです。運良くここの州の大部分が、部分的にコーチングを供給して、そして手助けを用意することができる「青年クラブ」によってこれに応答します・・・そしてたいていのケースに同じく、独立して競走します(自身の鳩舎と自身の鳩を指します)25歳の年齢までの若々しい愛鳩家がお互い競争することができる別の選手権があります。このラインはナショナルレベルまで KBDBによって決められました・・・。年齢12〜25歳の若い愛鳩家の為のナショナル青年選手権です、そして500キロ(5つのレース、週末毎に1のレースに関して)の最小限の合計距離でそれらの最初指名鳩で5以上のレース(5月最初の週末と8月最後の週末の間に最低100羽の参加と10鳩舎)をします。 レニー・ファンデルリンデンは2007年と2008年共に優勝しました。フランドルのアルデンヌでのこの地域は「テンボッセ」とヘラ−ルツベルヘンのウォールの間に横たわるパリク山の上り坂のために自転車競技世界でよく知られている、そしてそれをフランダースのツアーでのサイクリストが(ロードワークのために2009年に)決勝戦で通常通過します。
レニー・ファンデルリンデンは、青年カテゴリーだけではなく、彼の鳩の素晴らしいパフォーマンスによって獲得されたナショナルタイトルでこの地域を有名にしました・・・。 なぜなら2008年の終わりにレニーはオーステンデでベルギー代表とナショナル表彰台であなたがこの記事のタイトルを指したときオールドとヤングスターズ両方で、同様にスモールミドルディスタンスを勝ち取りました。 レニーは下記の成績でナショナル表彰台へ上がりました:

  • 2008年ナショナルチャンピオン青年の部 優勝
  • 5月10日トーリー590羽中4位
  • 5月24日 オルレアン252羽中1位
  • 6月28日トーリー269羽中1位
  • 8月2日トーリー316羽中2位
  • 8月9日トーリー309羽中2位
  • 2008年KBDBナショナルチャンピオン・スモールミドルディスタンス・オールド2位
  • 5月3日トーリー835羽中7位、32位
  • 5月10日トーリー590羽中3位、4位
  • 5月17日トーリー369羽中3位16位
  • 6月21日トーリー328羽中2位、15位
  • 6月28日トーリー269羽中1位、3位


どの様にして全ては始まりましたか?
レニーの母方の祖父の古い鳩鳩舎が家の庭に建っていました、それはただ迷い鳩だけが飼育されましたか。レニーは自由な時間にこの鳩舎を訪問する事によって次第に鳩が好きになりました。 ある日彼の祖父はこれらの迷い鳩を追い出してそれらをもっと良い鳩と取り替えることを提案しました。祖父のヨーゼフは以前この区域で「ホレベケの魔法使い」あるいは「達人ファンデルリンデン」として知られていました・・・。彼が最高のチャンピオンであり卓越した選鳩眼を持っていたからオルドナールデ - ロンセの地域でいくつかのトップ鳩舎と良い関係を維持していました。 このお陰でレニーは2000年に鳩を得ることが出来ました、クルイスベルヘンからの故ロバート・ヴィーレキュート、そしてメルデンからの故ジョルジュ・デ・ヤエーフェル、パリク(あるいは彼の友人ピーペ)からのロジャー・スピタエルス、ゾヴァルムからのロジャー・バール、さらにアヴェーヘム(オルドナールデの学校で父親ウィムの同僚である)からのリュック・ファンコッペノールです。 最初はただ若鳩だけでレースに参加しました、それからシーズンの終わりに最も良く能力を発揮した鳩たちが繁殖ロフトにおけるポジションを与えられました。

2001年に交配したヴィーレキュートxファンコッペノールはすぐに少数の素晴らしい若鳩(現在の鳩舎の鳩の80%がこのライン)を作り出しました・・・線路を行く列車の様に正しい道を進んでいきました。2003年に最初はイヤリングのロフトの始められました、それは成鳩でのレースのための基礎を直ぐに構成しました。 2005年にスホールス - デヴァエル(卵で)からの8羽の鳩が繁殖ロフトを強化するために来た、また過去の2つのシーズンの間ヨースト・デ・スメイター - レスティアーンからの鳩がパリクのためにメルデンから来ました。レニーはそれらの人々の援助に非常に感謝しています、そして繁殖鳩は最高の品質が供給されました。集められた鳩は長距離血統鳩が多くいます。ヨースト・デスメイターはこの鳩たちの大きな可能性を利用しようと、長距離レースに対してレニーに関心を持たせようと考えました。レニーの興味は今のところ中距離レースに集中しています、そして長距離レースは他の複雑な要素を考慮に入れられなければならないので、もうしばらくの間このままでいるでしょう。 長距離鳩は通常、多くの時間を必要とし様々なレースの構成、そして、彼は長距離レースが本当に楽し事を認めるけれど、彼は今のところもっと多くの鳩舎を建てることを計画していません。それはレニーがヨースト・デスメイターとリュック・ファンコッペノールの2人の理想的な助言者と教師を持っているが長距離レースを後回しにすることを望む理由です。(2008年に半分の鳩はセント・ヴィンセント・イヤリングを帰還しました)
彼は、22羽の雄ヤモメ+6羽の遅っ子、長距離に成るであろう8羽の雄ヤモメ、中距離の14羽、そして種鳩18ペア-、毎年60羽の作出鳩、と限定されたチームを持っています。祖父の選鳩眼にそれによってすべての若鳩がほとんど毎週点検される、そして1〜5点の得点をつけられます。3点以下の若鳩は直ぐに処分されます・・・彼らは体格が良い鳩、洋梨状の強い腰、絹のような柔軟な羽と燃えるような目を好みます。祖父によれば、欠陥鳩では決して本当のトップ鳩舎になりません、処分されるのは若鳩の30%です、レニーがすぐにそれらを処分する理由です。 残りはレースでそれら自身の能力を証明しなければなりません、基準は10位以内入賞です。若鳩として彼らは上手に能力を発揮して、そして何の能力があるか示さなければなりません・・・処分した若鳩以外は将来性を想定してただ上手に訓練され、そしていくつかが後においてトップ鳩になります。

アプローチ
すべての種鳩とレーサーは12月初めに配合されます・・・。それによって卵がレース鳩の下にすぐに置かれる。ブリーダーは1週間それから切り離される、そして再び配合されます。繁殖カップルを編集することによって彼らは中距離鳩を長距離鳩と結びつけようとします。男やもめは若鳩を数週間分離するために移動します・・・。3月の終わりに彼らは再び配合され、そして卵を抱いて数日の後にやもめ暮らしにさせられます。  初めお男やもめはただ夜1時間訓練するだけです、しかしミドルディスタンスレースが視界に入ると途端に彼らは朝も同様に訓練されます。パリクがただ30分だけフランスの境界から離れてあるのを見ると、レニーは大規模なインタープロビンシャルの放鳩でキュイーフラインのために彼の鳩を参加させることが不適当であることを見いだします。距離はこのような大量の放鳩のためにただあまりにも短いです。それは20 km 、若鳩まで時々10回小さなバスケットで彼自身が数回(5〜6回)成鳩の鳥を訓練する理由です。 それから彼らは成鳩の鳥が2度レースをするノワイヨン、3あるいは4回中距離レースが到着する前に安定した若鳩のために参加させられます。より高い所にそれらが、このシーズンを始めて毎週ドーダンあるいはトーリーから飛行機で運んだ過去のシーズンまで、インタープロビンシャルの合意はただエタンプだけが放鳩の場所として保持されるであろうということであるので、それはただ新しい KBDB 標準のためにエタンプであるだけであるでしょう。 成鳩の鳥は一般に連続的に3つのエタンプレース飛びます、それの後に彼らが何週間も休養を与えられます、問題はバッテリーを再充電する事とレースをしない鳩は処分する事です。中距離鳩の最初の選抜が起きる3週の後に「敗者」がロフトから追い出される。それは、他の鳩の訓練の邪魔をします。それで、レニーによればこれらの鳩を排除する事がもっとも良い方法です。慈悲はなし!
レースのチームの医療の指導のために彼は、獣医師に信頼を置いています。彼はレース成績の低下が観られるときに獣医師に電話をかけ往診を依頼します。普通はトリコモナスのために3週ごとに2〜3日与える盲目的な治療法です、空気感染する伝染病のために毎週1回投薬を行います。鳩はバスケットに入れる時とレース期間後同様に予防の薬を与えられます。お茶、リンゴ酢、のような自然の製品、セドコール、そして他のものが使われます。そして、規則的に週の始めに若干のアミノ酸、そして持ち寄りの日に向けての総合ビタミン剤、そして非常に軽い餌主にデプラティブを与えてます。 最後から2番目の日半分スポーツミクスチャーで、そして最後の日 100% レーシングミクスチャーでだけ。ピーナツとニブリングシードが補足として加えられます、そして同様に鳩を飼い慣らすためのニンニクオイル。もし鳩が彼らが与えられるすべてを食べてしまうなら、レニーはそれの方が好きです。栄養補給のこの方法によって彼は簡単に食事をして彼の鳩を保つことができます。重要なのは全シーズンにおいて高いレベルにコンディションを保持することです。長距離鳩は幾分さまざまなアプローチを必要とするでしょう、そしてこれのために彼はヨースト・デスメイターとリュック・ファンコッペノールからアドバイスを与えられます。L彼が彼の周囲あるいは、もし必要であるなら鳩スポーツのすべての事柄に適切な人々の助言を得られることをレニーは幸運であると思います。 彼によれば、これは彼の現在の成功のために土台の大多数を形成します。
それがレニーは若鳩レースが好きですが、それだけがゴールではありません。数年前にまで学校が休みの7月と8月に彼が完全に若鳩レースに集中することができたので、納得できます。若鳩の部屋は(午後6時から午前7.30時まで)、2月から6月の初めまで暗くされます、レニーがそれを「審査」と呼ぶことをより好むけれども、それ以来、彼によれば、ロフトはあまりにも明るいです。結果としていずれかについて換羽することはあまりにも早く始まります。彼はシーズンの終わりに向かって彼がまだ換羽していない少数の鳩を見つけて、そして若鳩のための中距離レースを分類し、成功の可能性を持つために妥協解決しなければならないことを意味します。彼らは流れ作業のようにレースを行います。

心と魂の中のスポーツマン
レニー(23歳)の仕事はファームクロウフォード(西 - フランダース地域を本拠地とする)のフットボール選手です、彼は普段荒々しいスポーツマンですが休日は動物愛好家です。冬に彼は同様に3つの州で活躍するフットボール選手です。父親ウィムと母親サビーヌは同様に本当の動物愛好家であって、そして馬に熱中しています。レニーが鳩スポーツを選んだとき、両親は完全に息子を支援して、そして手助けしました。レニーが彼の仕事のために早く出発しなければならない、そして帰宅が午後5時を過ぎます、この援助によって若い鳩をより一層訓練することが出来るのです。すべての要素は鳩スポーツに成功ために不可欠な存在でした。既にレース2シーズンで中距離若鳩タイトルで大成功を成し遂げました!2005年にレニーはプロビンシャル優勝 +ナショナル12位を成し遂げました。2008年の終わりにレニーはオーステンデでベルギー代表とナショナル表彰台でオールドとヤングスターズ両方で、同様にスモールミドルディスタンスを勝ち取りました。
それはそれがいっそうこの境界が続けられることができなかった残念なことのさえプロビンシャルレベルそして州選手権によって KBDB 東 - フランダースである理由です。チャンピオンによって東 - フランドル青年についてカテゴリーを分類する人は誰も、他のプロビンシャル選手権でそれら自身を分類することを許されないそして逆もまた同様である!I結局それは、問題の愛好家のために最も有利な分類をもちろん考慮に入れて、誰がどこを分類するか決めるプロビンシャル委員会です、そしてレニーはこれが識別力があることを見いだします。彼は、「白いジャージ」で、そこの「ツール・ド・フランス」を持っている比較をおおよその最も良い若鳩乗り物にします、しかし彼は「一般的な分類」で、すべての参加しているサイクリストの間に同様に含まれています。東 - フランドルの鳩スポーツで、レニーが続けて2年プロビンシャル理事会にこれを提案したにもかかわらず、これはまだ表面上可能ではありません!まだ可能でないことはもちろんまだ起きることができます、しかしそれは何であるれ論理的です。

素晴らしい2008年

2008のスポーツはシーズンすべてのレベルにおいて活躍しました、あなたはこの記事の見出しでナショナルタイトル勝利を読むことができます。私たち2008年の結果をお見せします。

成鳩:

トーリー269羽中1位3位34位 

イヤーリング282羽中1位3位86位

トーリー328羽中2位15位20位37位

オルレアン252羽中1位40位 

イヤーリング427羽中6位

イヤーリング277羽中3位14位

トーリー265羽中1位69位 

ドーダン819羽中3位6位84位127位 

イヤーリング663羽中25位63位71位93位122位

ドーダン322羽中2位43位

イヤーリング534羽中22位31位

若鳩:
6月29日 ノヨン422羽中1位6位7位15位16位18位20位25位39位49位50位56位・・・

7月6日 ノヨン1043羽中3位35位36位78位81位86位96位114位116位・・・
26/7 Ecouen    756 p. 2,5,16,26,31,44,46,56,65,68,69,70,77,93,99… (24/40)
02/8 Toury    316 p. 2,3,10,11,17,21,33,79,80 (9/14)
Toury    775 p. 10,22,25,29,57,95… (16/21)
09/8 Toury    309 p. 2,8,9,10,11,14,17,18,25,26,27,59 (12/16)
Orleans    816 p.  21,31,46,60,62,107… (12/14)
16/8 Toury    333 p.  6,7,19,21,35,37,38,43,44,70 (10/15)
23/8 Toury    212 p.  9,14,15,21,44,54… (9/14)
30/8 Toury    244 p.  7,49,63,71,81 (5/9)

Reaching the top in the national championships KBDB can only be achieved with ‘early prizes’ from your first nominated in the results, that is obvious. And early prizes or ‘head prizes’ can only be achieved by top racers or real crack pigeons in the lofts. Allow us to introduce you to 3 of these toppers who made everything beautiful in Parike, and were responsible for achieving prominent championship titles:
-The Blue B05-4038596 won:
Toury        265 p.    1
Orleans        252 p.    1
Prov    1973 p.    27
Ecouen        633 p.    3
Toury        590 p.    3
Toury        212 p.    4
Toury        148 p.    8
Toury        290 p.    14
Toury        328 p.    15
Toury        835 p.    32

-The Blue B08-4109017 is a daughter of ‘Den 25’, and was virtually always the 1° nominated in the Middle Distance for youngsters in 2008, and had then a major share in the several ‘titles’ that were achieved, she won:
Noyon        422 p.    1
Ecouen        756 p.    2
Toury        316 p.    2
Toury        309 p.    2
Toury        333 p.     6
And further 8 prizes from 9 baskettings with Noyon 243 p. 27, Noyon 1.043 p. 78, Noyon 1.001 p. 140.

-The ‘Dikken’ B04-4037752 also raced a powerful honours list, including:
Ecouen        122 p.    1
Nanteuil    130 p.    1
Quivrain    137 p.    1
Ecouen        310 p.    2
Ecouen        240 p.    2
Ecouen          64 p.    2
Ecouen          79 p.    3
Toury        590 p.    4
Toury        835 p.    7
Quivrain    161 p.    11
Pont St.Max    307 p.    19
Noyon        533 p.    22
Pont St.Max    408 p.    24
Ecouen        633 p.    26
A real crack and one of the pillars in the loft of Leny Vanderlinden!

The future looks bright
Leny had the unmistakable advantage of having excellent pigeons from the start, which he obtained via the friends of grandfather Jozef in Parike. In addition he couldn’t only rely on the knowledge and experience of his grandfather, but also on the experienced clappers and pigeon friends so as Luc Van Coppenolle and Joost De Smeyter, who supported Leny with advice and help when necessary. A not to be scoffed at advantage for working on the road to the top of our national pigeon sport! Something that this Leny Vanderlinden managed wonderfully last season, and moreover opens great perspectives… this much is obvious. To be able to compete with the great tenors at National level in the Middle Distance is not for everybody, but testifies mastership, in addition to a loft of ‘class pigeons’. Ingredients that stand guarrantee for a great future in the pigeon sport, something which we warmly wish Leny… next to a fat ‘congratulations’ in achieving the ‘national title’ during the last seasons!