チームトネーは、7羽の圧倒的なチャンピオンが率いるスーパーレーシングチームX.&M.に別れを告げる

アス市在住の鳩レース名人ジョス・トネーは、レーシングチームX.&M.を完全に売却することを決断しました。友人が利用できるゲスト鳩舎として、また若鳩に初めての長距離訓練をさせるために、チーム名は残します。

ジョス・トネーは世界中に名を馳せる愛鳩家です。アス市のクロイス通りを拠点に、数々の優勝を成し遂げ、スポーツのキャリアを積んできました。

 

  • ワールドチャンピオン優勝4
  • ゴウデンダイフ賞6
  • ピジョンオリンピアード優勝5
  • 国内大会優勝7回
  • 国際大会優勝2回
  • KBDBナショナルチャンピオン優勝1回
  • BDSナショナルチャンピオン優勝12回
  • LCBナショナルチャンピオン優勝14回
  • KBDBナショナルチャンピオン長距離優勝1回

1991年に幸先の良いスタートを切り、その後毎年トップを走り続けてきました。ジョスは、レース力と飼育の双方における並外れた技能に加え、利発さ、そして(これが最も重要かもしれませんが)「一番になる」という衰えない野心といった偉大なチャンピオンの特徴を全て兼ね揃えています。

経歴

鳩レースで評判だった継父のトーマス・ペーテルスの他界後、鳩舎はクロイス通りに移転されました。詳しく言えば、クロイス通りのジョスの自宅と鳩舎のちょうど向かいに引っ越しました。

祖父のトーマス・ペーテルスの肖像画の前で誇らしげにポーズをするクサヴィエとマクシム

偶然にもちょうどその時、FCI会長のカルロス・マルケズ・プラッツ氏が友人のジョス・トネーの元に例年の訪問に来ました。そして、元トーマス・ペーテルス鳩舎をマルケズ・プラッツ・トネーと改名し、バルセロナ専用のゲスト鳩舎として使うことに決めました。しかし、2010年12月末、悲惨なことに、FCIの会長は、彼の愛した町バルセロナで突然亡くなってしまいました。

そのため、鳩舎をジョス・トネーの息子クサヴィエとマクシムに因んでX.&M.と再び改名しました。日本や台湾からゲスト鳩舎管理者が来訪したり、ジョスの父ジェラールと母のティリーが共に管理を手伝っていましたが、結局マルセル・ヴィーレンデールスと彼の妻マルゴーがフルタイム飼育者としてアスに赴任することになりました。鳩レースで長年の経験を持つマルセルは、やはり期待を裏切りませんでした。「マルセルは、2016年にナショナル・トゥレで優勝するほど上手くやってくれていましたが、2020年のシーズン終了後、妻のマルゴーの介護を優先すべく、ゾンホーヴェンに引っ越すことになりした。その決断を尊重しています。」とジョスは述べています。

つまり、トネー・ピジョンズは、アス市のクロイス通りを囲むジョス・トネーとトネーX.&M.の二軒の鳩舎から構成されています。ここではトップの愛鳩家ならではの方法で鳩レースが実践されています:最先端の手法を活かし、また最高の血統のレース鳩を厳選し、そして多くの愛鳩家が恩恵を受けた高度な専門知識に基づいています。

アス市にあるトネーX.&M.の鳩舎

レース鳩

マルセルが去った後、ジョスは、チームと共にX.&M.のレース鳩を一羽残らず売却するという意外で思い切った決断を下しました。2021年1月4日(月)から17日(日)までの間、最強のレース鳩およびマクシムとクサヴィエ・トネーのトップ鳩の(遅めの)子鳩のオークションが開催されます。つまり、ナショナル・イスダン1位の「Sergio」、プロヴィンシャル優勝の「Aldina」、「Victor」、「Super Joe」に加え、プロヴィンシャルエースピジョン1位の「Bill」、プロヴィンシャルエースピジョン1位およびナショナル長距離エースピジョン11位の「Romea 403」(1位×11回を誇るCandiraの子)。

オークションカタログ

トネーのカタログ

Discover all pigeons in this auction

Download catalogue now

アス市のクロイス通りにあるジョス・トネー・チームと向かいにあるX.&M.チームは、今後何年も変わらず素晴らしい成績を残すでしょう。2020年は、彼らにとって、プロヴィンシャル優勝4回、ナショナルゾーン優勝9回、その他短距離からマラソンに至るまで141回にもおよぶ優勝を達成した記録的なシーズンでした。X.&M.オークションに出品される数多くのトップ鳩たちが、その成功の根底にあるのは紛れもない事実です。ジョス・トネーは、今回、それらの鳩をPIPAで競売にかけます。アス出身の鳩の達人は、鳩レース競技において先進的な姿勢を幾度となく見せてきました。その息子のクサヴィエとマクシムも、この偉大な父親の足跡を辿ることが課題になります。